RSIを用いた相場分析

FXでマーケットの動きを読む上で、モメンタム系指標はマーケットがトレンドを形成しているときには誤ったシグナルを出しますが、トレンドが形成されていないレンジ相場やボックス相場では非常に上手く機能するものです。

RSI(相対力指数)はモメンタム・オシレーターの代表的な存在であり、パーセントをY軸にとり、その水準によって「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するものです。Y軸の中心に50%があり、上下にエッジバンドを設けます。

一般的な使われ方は指数レベルの70%以上で「買われ過ぎ」、30%以下で「売られ過ぎ」として判断されます。RSIで示されるものとして、ダイバージェンス(divergence)とは、RSIと相場の動きが一致せず、その方向が相反する状態のことをいいます。

例えば、為替相場は上昇を続けているにもかかわらず、その動きを基に算出したはずのRSIの動きは逆に下落している、といった状態です。こうしたダイバージェンスの存在は、現在進行中のトレンドがもう少しで終了し、相場が転換点にさしかかっているということを示します。

フェイリャー・スイング(failure swing)とは、いったん高値をつけたRSIが、その後すこし下げた後で再び上昇に転じたのにもかかわらず、結局先の高値を更新できずに下落してしまうという一連の状況をさします。RSIの値が70%以上かあるいは30%以下の水準でフェイリャー・スイングが発生した場合は、相場のトレンド反転が差し迫ったシグナルであるとして重要視されます。