モメンタムオシレーターの意味を知って相場分析に活かそう

モメンタム・オシレーターにはいくつかの種類があり、FXの取引で為替相場の動きを読むために役立ちます。ストキャスティックス(Stochastics)もモメンタム・オシレーターのひとつであり、マーケットが上昇局面では1日の高値近辺で、下落局面では1日の安値近辺で取引が終了するという傾向を前提に考えられています。基本的には「%K」ラインと「%D」ラインの2本から構成されており、「%K」の平均線が「%D」です。

%K、%Dのどちらでもいいのですが、一般的に%Dラインが70%以上であれば「買われ過ぎ」、30%以下であれば「売られ過ぎ」と見ます。特に、85%以上に達した場合の売りサインや、15%以下となった場合の買いサインはその信頼度が高いと考えられています。

MACDは2つの加重移動平均、もしくは平滑移動平均の差を測るものです。もとはオシレーター系の指標として利用されていましたが、マーケットが天井を打ったか、大底をつけたかを確認する際に優れた指標になることが確認されました。

実勢レートが高値を更新して上昇しているのにMACDが高値を更新できていない場合は「売りシグナル」となり、この逆の場合は「売りシグナル」となります。実勢レートが高値を更新しているにも関わらずMACDやモメンタムが同じペースで上昇しない場合は、マーケットが反転する警告とみられます。