代表的な指標である移動平均線について

FXでエントリーを行うに当たっては、相場の上昇トレンドや下降トレンドを見極めるのがまず基本であり、その見極めに役立つのが、移動平均線です。移動平均線は、過去の任意の期間の終値(ローソク足の一定の本数)をさかのぼって、その平均値をつないだものです。

緩いカーブを描きながら、その形が相場の方向性を表しており、相場が上昇すれば、移動平均線も上向きになり、相場が下落すれば移動平均線も下向きになります。

移動平均線が上向きで、ローソク足が移動平均線よりも上にあれば上昇トレンド、逆に移動平均線が下向きで、ローソク足が移動平均線より下にあれば下降トレンドとなります。

どちらでもなく横這いであれば、トレンドの確認はできないのでボックス圏で推移しているということになります。短期の方を短期の移動平均線、長期の方を長期の移動平均線といいます。

この2本の移動平均線が売買のシグナルを示す時があり、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下方から上方に抜けたパターンをゴールデンクロスといい、相場が過去の平均よりも上に動こうとする、トレンドが上昇に転じた合図で、買いのシグナルとなります。

もう一方は、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上方から下方に割り込んだパターンでデッドクロスといい、相場が過去の平均よりも下に動こうとしており、売りのサインになります。