介入時のトレード方法について

FXと株式の大きな違いは、FXの取引規模は非常に大きく、また、取引主体も非常に多いので、株式と異なってインサイダー取引のようなものが無いことだと思います。

それだけに、相場に大きな影響を及ぼす情報は重要になってきます。

ある程度の頻度で取引をするのであれば、相場に必ず影響を及ぼすであろう米国の雇用統計のような指標について知るのは重要なことです。

主要な指標については、無視して取引しないか、便乗するかどちらかだと思います。各人の状況によって、あらかじめ方針を決めておくべきでしょう。便乗する手法はいくつか考えられますが、いずれにせよ、「どちらかは分からないが大きく動く可能性が極めて高い」というのは重要な情報であり、それは収益を挙げるチャンスであると言って良いと思います。

ただし、外国為替市場は、ほぼ海外の取引主体の主導で動いているので、中心となる指標も海外のものです。ですから、世界経済等についてかなり継続的に興味を持って情報収集し続けられないのであれば、指標に着目した取引はあまりうまくいかないだろうと思います。

当局による介入も、頻度は低いですが、相場を急激に動かす可能性が高いという意味では、同じ性格のものと考えるべきだと思います。私は、何度かお世話になったことがありますが、あまり積極的にお勧めする気にはなりません。